インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング  ページ一覧  検索  更新履歴  ログイン

第17回研究会招待講演ハンドアウト

招待講演  失敗から学ぶ情報対話技術

  • ○中村 聡史(明治大学)

インタラクティブな情報アクセスを可能にするサービス・製品は様々なものがあるが,ユーザのことを考えておらず,ユーザを困らせている事例は珍しくない.また,コンピュータを多くの人が手軽に利用できるようになったことで,入力収集のための仕組みを作ったり,実際に収集された情報が膨大になったりしているが,入力が面倒で入力者を困らせたり,そもそもその情報が収集した処理しにくいものとなっており,分析を行う人を困らせることは珍しくない.そこで本講演では,こうした失敗事例を紹介するとともに,そこから得られた知見について説明する.

更新日時:2017/10/10 08:38:22
キーワード:
参照:[イベントの歴史] [発表予稿集]