インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング  ページ一覧  検索  更新履歴  ログイン

インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング

              Interactive Information Access and Visual Mining

第16回研究会 研究発表募集 (2017.4.13)

第16回研究会を下記の要領で開催します.

今回は,情報処理学会 情報基礎とアクセス技術研究会(IFAT)との併催(連続開催)となります.

また,チュートリアル講演

  • 「情報可視化」高間康史(首都大学東京)

を予定しています.

本研究会では,対話的探索的な情報アクセスやマイニング,そこにおける言語情報と非言語情報の処理,更に情報可視化等,それらの有機的な利用に関する研究を中心に,広く関連するテーマの研究発表を求めます. ふるってご応募下さい.

いわゆる研究発表に留まらず,全国大会での発表をもっと長い時間をかけて議論したい,修士論文のための研究計画を議論したい等,様々な立場でのご発表をお待ちしています.

本研究会ではショート発表のカテゴリを設けています.一般の発表が質疑応答込み30分であるのに対し,ショート発表は20分程度の発表とします.中間報告や研究構想のご発表等,ご活用ください.ご希望は発表申し込み時にその旨お示しください.

2016年度より奨励賞を設定しました.35歳以下の研究者の研究発表を対象に,優秀で将来性のあるものを研究会として表彰します.発表申し込みの際に対象者か否かをお知らせ下さい.

第16回研究会開催要領

研究発表募集要項

  • 梗概等締切 2017年6月12日(水)
    • タイトル,著者(発表者に○をお願いします),梗概(200字程度),ショート発表ご希望の有無,若手奨励賞対象者か否かをkato@boz.c.u-tokyo.ac.jpまでお送り下さい
  • 原稿締切 2017年7月12日(水)
  • 発表時間 質疑応答込み30分(ショート発表は20分)
    • ただし,発表件数によって若干の変動がありえます

近未来チャレンジTETDMからのお知らせ

近未来チャレンジTETDMでは,テキストマイニングのための汎用的な統合環境,ならびにツールを公開しております.

また,みなさまにもツールをご作成頂けるよう,環境を整えております.ぜひお試しください.

ダウンロードページはこちら

更新日時:2017/04/13 16:25:38
キーワード:
参照:[SideMenu]